FC2ブログ

イモノ ノ イリョク

鋳物ホーローキッチンウェアに入れ込み中

NaCl

  1. 2010/05/19(水) 06:34:54_
  2. _ comment:4
519a10.jpg
角煮の下ゆで汁を冷やしてしっかりとラードを取り切り
さらに粗めのガーゼで漉したスープ。

透き通っていてすごくキレイ・・
出汁昆布がほんの3cmほど残っていたので投入。
春キャベツ・春ニンジン・新ネギ・小松菜・ハスを入れてひと煮立ち

最後の1分が勝負!
トマトをいれて火を止める直前にかきたまに・・

パセリをちらしてさて・・一口。
むむ。まったく調味をしていないのにいい塩加減

これで十分なはずなのに
ついついいろいろと調味したくなる現代人の性(さが)
自分の舌や味覚をもっと研ぎ澄まさなくっちゃ。

イモノジャナイモノ

  1. 2010/05/18(火) 09:49:34_
  2. _ comment:0
518a10.jpg
日仏の食習慣の根幹は似ているけど
こと、キッチンツールについては見た目がまるでちがう

機能美+食材の引き立て役に徹するのが「和風」
機能美+自分もコラボしちゃおおうとするのが「仏風」・・と思う。

ルクルに代表されるフランスのキッチンツールは
何より色がキレイ

粗骨ものゆえ「われもの」は「安物」と決めております。
よって、ルクルのストーンウェアは我が家にあまりありませんが
頂き物はいつもは選ばぬ「赤色」のものでも嬉しいものです♪

飲み物を飲んでおまけについてくるなら
洗うのが面倒そうな「エトワール」もいいものです・・(笑)

角煮

  1. 2010/05/17(月) 20:59:50_
  2. _ comment:2
517a10.jpg
総じて角煮というものは
日本の南の地方の郷土料理だと思うのですが。

鹿児島あたりでは「とんこつ」と呼ばれ
味噌を入れるし・・

沖縄では「ラフテー」と呼ばれ
泡盛を入れる・・

一般に角煮とよばれるのはたぶん
長崎の卓袱料理の「東坡煮」と呼ばれるもの・・かな?

八角や五香粉が入れば中国風にも・・

ところで、角鍋にて焼酎で煮てみたんですが。
・・・どこ風?



kinusaya

  1. 2010/05/15(土) 11:34:23_
  2. _ comment:2
515b10.jpg
絹さやたっぷりの和風オムレツを
小さなスキレットで焼きました

玉子の「黄」
絹さやとスキレットの「緑」
・・・春の色味。

フランスのお鍋やお皿に
なぜか和食が映えるのは、日仏の食文化の根幹に
似通った点がたくさんあるから・・かな。

方やスープ、方や出汁。
味にゆるぎないベースを求める

食器や食事の作法にこだわる。
目や気持ちでも「食」を楽しむと考える独特の「食思想」

味も見た目も食べる姿も
すべてに「美しさ」が大事・・なのです。

今年も!

  1. 2010/01/08(金) 13:24:54_
  2. _ comment:0
更新がのろのろの
「イモノ ノ イリョク」ですが。
ぼちぼち続けてまいりますので・・

今年もどうぞ
よろしくお願いいたします!!


<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

« 2020 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索


▲PAGETOP